デリケートゾーン専用石鹸【黒ずみとにおいへの効果口コミ】徹底比較

デリケートゾーン黒ずみ石鹸

簡単にデリケートゾーンの黒ずみケアをしたいと、お考えの人もいるのではないでしょうか。手間をかけずに自宅でササッと、黒ずみを解消出来たら嬉しいですよね。手軽に黒ずみケアしたい人におすすめの商品が「陰部専用石鹸」です。

専用石鹸には、においや美肌だけでなく、黒ずみケアも期待できる商品がたくさんあります。こちらのページでは、黒ずみケアが望める石鹸について紹介します。商品の詳細や使用方法を詳しく解説するので、どうぞ参考にしてください。

デリケートゾーンの黒ずみに専用石鹸はどれぐらい効果があるの?

いきなり結論から言うと、正しく使えばデリケートゾーンの黒ずみ対策は、石鹸で行えます!100%アソコの黒ずみを解消できるというわけではないですが、毎日使っていきたいアイテムの1つです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素がたまって起こる

石鹸についてお話する前に、デリケートゾーンの黒ずみケア初心者さんのために、基礎知識を解説します

なぜデリケートゾーンの黒ずみが起こるのかというと、それは「メラニン色素」が原因です。下着やナプキンにより肌が摩擦刺激を受けると、メラニン色素が分泌されます。メラニン色素は酸化をすると黒くなり、蓄積すると黒ずみになってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみは「メラニン色素」が原因と覚えておいてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみを発生させるおもな原因がある

デリケートゾーンの黒ずみは、女性なら誰でも起こりうる悩みで、他人ごとではありません。陰部の黒ずみを起こす原因は、私たちの身近なところに潜んでおり、おもに3つあります。

  • サイズのキツイ下着
  • 間違ったアンダーヘアの脱毛
  • 肌刺激をかける石鹸

意外と簡単なが原因で、デリケートゾーンの黒ずみは発生します。だから、日頃からデリケートゾーンのケアや対策をすることが大切です。

美白石鹸はデリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめできるのか?

黒ずみを解消したい人は、デリケートゾーン専用の美白石鹸がおすすめです。デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は、美白成分が入っているので、肌にたまったメラニン色素を減らす効果が望めるからです。

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸に期待できること

  • メラニン生成予防効果
  • ターンオーバーの促進効果

繰り返しになりますが、デリケートゾーンの黒ずみの原因は「メラニン色素」です。そのため肌の中のメラニン色素が減れば、デリケートゾーンの黒ずみは起こりにくくなります。

また肌が新しく生まれ変わるターンオーバー機能の促進も、大切な黒ずみケアポイントです。肌のターンオーバーが整っていれば、メラニン色素の排泄がスムーズになるからです。

したがって、「メラニン色素の抑制」と「ターンオーバーの促進」が望める美白石鹸は、デリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめできるわけです。

黒ずみケアの重要ポイント!デリケートゾーン洗浄時は刺激物をへらす

「デリケートゾーンの黒ずみを発生させるおもな原因がある」の項目で、「肌刺激をかける石鹸」が黒ずみの原因になると言いました。デリケートゾーン専用の美白石鹸は肌刺激をかけないのでしょうか?薬局やドラッグストアの石鹸と、陰部専用の石鹸を比較します。

薬局やドラッグストアの石鹸 陰部専用の石鹸
石鹸の性質 アルカリ性が多い 弱酸性ソープが多い
黒ずみへのアプローチ 美白成分なし 美白成分あり
洗浄力 とても強い マイルド
刺激性 強い 弱い
購入場所 市販 市販または通販

表を見てもわかるように、市販の石鹸より専用石鹸の方が、デリケートゾーンの黒ずみケアに向いています。陰部の専用石鹸は、美白成分配合かつ優しく洗浄できるからです。しかも専用石鹸は、デリケートゾーンにとって不要な汚れを落とすけど、必要な皮脂や善玉菌を残すことができます。

肌刺激をかける市販の石鹸は、アルカリ性で洗浄力も強いものが多いです。そのため市販の石鹸はスッキリ洗えるけど、残すべき善玉菌まで洗浄してしまうので、肌刺激をかけてしまいます。

デリケートゾーンは、市販の石鹸より専用石鹸を使った方が良いです。専用石鹸は、黒ずみの他、乾燥・におい・かゆみ対策できるタイプもあります。天然成分が詰まったジャムウソープも、美肌効果が望めおすすめです。

デリケートゾーンの黒ずみケアは石鹸の配合成分で選ぶ

デリケートゾーンの石鹸は、パッケージの成分内容を確認してから買うと良いです。デリケートゾーンの黒ずみケアが望める成分をまとめるので、石鹸の選び方に悩んでいる人は活用してください。

配合成分 特徴や期待できる効果
ジャムウ ・インドネシアで伝わる民間療法
・ハーブや植物をブレンドしたもの
・体の悩みにあわせて調合される
パパイヤ ・フルーツ由来の天然成分
・色素沈着ケア
・角質汚れケア
甘草エキス ・マメ科の植物
・黒ずみ対策・予防
・すこやかな肌へと導く
カミツレエキス ・キク科の植物
・色素沈着ケア
・うるおいケア
ローズマリー ・シソ科の植物
・アンチエイジング
・美肌効果が望める
セージ ・シソ科の植物
・美白ケア
・うるおいケア
アロエ ・やけどの治療にも使われる植物
・うるおいケア
・すこやか肌へと導く
ミョウバン ・古代ローマでも使用された消臭成分
・におい・ムレ・汗臭対策
・ひきしめケア

デリケートゾーンの黒ずみは、石鹸だけでは即効性が望めません。しかし、毎日専用石鹸を使った人は「徐々にデリケートゾーンの黒ずみ解消された」と感じる傾向にあります。

デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸はどうやって使うの?

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は、「泡パック」の使い方がおすすめです。泡パックは、人気の黒ずみケア方法の一つです。

泡パックは、デリケートゾーンのにおいやかゆみケアに推奨されている洗浄方法でもあります。

専用石鹸を使ったデリケートゾーンの黒ずみケア方法のQ&A

デリケートゾーンの専用石鹸は敏感肌でも使えるの?

デリケートゾーン専用石鹸には、敏感肌の人でも使えるタイプが多いです。

石鹸の配合成分や無添加成分を、事前に確認してから買うと良いでしょう。


専用石鹸は生理や妊娠の時でも使えるの?

デリケートゾーン専用石鹸の中には、生理中や妊娠中も使えるタイプがあります。

とくに妊娠時は肌が敏感になりやすいので、医師に配合成分を確認してから石鹸を使うようにしてください。


専用石鹸はデリケートゾーンならどこでも使えるの?

専用石鹸は、ビキニラインや太ももの付け根近くなら、使えるタイプが多いです。

ただ、膣内や尿道の粘膜部分に使えない石鹸もあるため、商品の説明書をよく読んでから使いましょう。


専用石鹸でデリケートゾーンに異常があったらどうすればいい?

デリケートゾーンの専用石鹸は、肌に優しいタイプが多いので、痛みやかぶれは起きにくいです。

もし専用石鹸で、肌に異常があれば使用を中断し、皮膚科を受診しましょう。敏感肌の人は石鹸で腕を洗い、パッチテストすることをおすすめします。また、安心してデリケートゾーンの黒ずみケアしたい人は、全額返金保証つきの石鹸もおすすめです。


デリケートゾーン専用石鹸は脇も洗っていいの?

デリケートゾーン専用石鹸は全身洗えるタイプが多く、脇・バストトップの黒ずみケアにも使われています。


陰部専用の石鹸は値段が高いの?

陰部専用の石鹸は、美白成分・潤い成分・美肌成分が入っているので、薬局やドラッグストアの石鹸より値段が高いです。

薬局やドラッグストアの石鹸は500円程度で買えるけど、専用の石鹸は約3,500円します。専用石鹸は商品によって値段が違うので、経済的に負担にならないものを選びましょう。

市販されているデリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめ石鹸・ソープの値段比較

薬局やドラッグストア、インターネットで販売されているデリケートゾーンの黒ずみ用ボディソープや石鹸には、固形・泡・液体ソープタイプがあります。商品によって特徴が違いあなたの悩みに合わせて、デリケートゾーンの黒ずみ石鹸を選ぶことが大切です。

私が調査したものは、以下4タイプのデリケートゾーンの黒ずみケア石鹸です。

  • タイプ1.黒ずみケアにおすすめの石鹸
  • タイプ2.黒ずみ・ニオイケアにおすすめの石鹸
  • タイプ3.黒ずみ・乾燥ケアにおすすめの石鹸
  • タイプ4.肌に優しい黒ずみケア石鹸

この4タイプの黒ずみ専用石鹸を、項目ごとにランキングBEST3で商品紹介することにしました。

「石鹸を使った黒ずみケア方法をしたい」「自分に合った美白商品が欲しい」という人は、以下のランキングを参考にしてください。

デリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめの石鹸ランキングBEST3

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸やソープは、美白成分が入ったものが多いです。

美白成分には、デリケートゾーンの黒ずみをつくる「メラニン色素」の抑制・還元効果が期待できます。毎日のバスタイムで簡単に、アソコのホワイトニングケアしたい人は専用石鹸がおすすめです。

数多くの商品から「効果があり、値段が手ごろで、使いやすい」黒ずみ専用石鹸をピックアップし、ベスト3を紹介します!

1位:イビサソープ

イビサソープ

脱毛サロンが開発したイビサソープは、デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイ・乾燥ケア専用泡ソープです。イビサソープは、女性向け雑誌『GLITTER』『美的』、SNSでも紹介されている人気アイテムです。

「ビタミンC誘導体」や「アスコルビン酸」の美白成分配合のイビサソープは、メラニン色素の抑制効果が望め、透明感ある肌をめざせます。イビサソープは無添加処方・日本製なので、敏感肌の女性も心置きなくデリケートゾーンを洗えます。

泡ソープは泡立て不要なので、手軽にデリケートゾーンの黒ずみケアしたい女性にもおすすめです。

値段 税抜3,970円
1mL当たりの値段 約28円
黒ずみ解消成分 ビタミンC誘導体、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸
洗浄成分 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液

イビサソープのおすすめポイント

  • デリケートゾーンの黒ずみの原因「メラニン色素」の抑制成分が入っている
  • 合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベン、5つの添加物成分がフリー
  • 泡タイプのイビサソープは、泡立ての手間いらずで使いやすい!
  • 公式販売サイトは、商品代がキャッシュバックされる28日間の返金保証つき

2位:シークレットレディ ジャムウソープ

シークレットレディ ジャムウソープ

使用者満足度89%のシークレットレディ ジャムウソープは、オールインワンタイプの専用石鹸です。

ジャムウソープには、デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイ・ムダ毛・毛穴・フェロモンの悩みを対策する、植物由来のジャムウ成分が入っています。

ローズ・イランイラン・オスモフェリン配合のジャムウソープの香りは、「女子力アップしそう」とクチコミでも人気です。

値段 税込1,955円~
1g当たりの値段 約20円
黒ずみ解消成分 プラセンタ、カミツレ、オタネ人参
洗浄成分 TEA、ラウリン酸

シークレットレディ ジャムウソープのおすすめポイント

  • 「黒ずみ・ニオイ・ムダ毛・毛穴・フェロモン」にむけたジャムウ成分配合ソープ
  • 泡立てネットで弾力のあるもっちり泡を作れ、使い心地がいい
  • 公式サイトの定期コースは「ホイップ泡立てパフ」無料プレゼント!

3位:ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープは、女性のセクシャルな悩み専門『LCラブコスメ』の定番アイテムです。

ジャムウとは、インドネシア伝統の美容法で、カラダの悩みにあわせた植物を混ぜあわせたものです。

ジャムウハーバルソープには、黒ずみをケアする「カミツレ油」が配合されています。カミツレ油は「メラニン色素を作れ」と指示する情報伝達物質をシャットアウトします。ジャムウハーバルソープは気になる部分に3分間泡パックして使います。

値段 税抜1,933円
1g当たりの値段 約28円
黒ずみ解消成分 カミツレ油
洗浄成分 石ケン素地

ジャムウハーバルソープのおすすめポイント

  • デリケートゾーンの商品をたくさん扱う『LCラブコスメ』の人気石鹸
  • カミツレ油がデリケートゾーンの黒ずみを初期段階でブロックする
  • 3分間の泡パックで透明感ある肌を目指せる

デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイケアにおすすめの石鹸ランキングBEST3

続いて、デリケートゾーンの黒ずみとニオイケア両方におすすめの石鹸を紹介します。

ニオイは黒ずみと同じぐらい気になる悩みではないでしょうか?アソコの黒ずみとニオイのケア石鹸は、美白成分や雑菌を抑える成分、薬用成分が入っていることが多いです。

1位:イビサソープ

イビサソープ

デリケートゾーンの黒ずみケアNo.1のイビサソープは、殺菌有効成分「イソプロメチルフェノール」と抗菌成分「茶エキス」を配合しているので、においケアにもおすすめです。

高級アミノ酸系石鹸のイビサソープは、デリケートゾーンの潤いを守りつつにおいや汚れを落とします。

イビサソープは脇・足・首の後ろの体臭対策にも使えます。清涼感のあるセイヨウハッカ葉エキス配合のイビサソープは、すっきりと洗える点も人気ポイントです。

値段 税抜3,970円
1mL当たりの値段 約28円
黒ずみ解消成分 ビタミンC誘導体、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸
においケア成分 イソプロピルメチルフェノール、茶エキス、セイヨウハッカ葉エキス
洗浄成分 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液

イビサソープのおすすめポイント

  • 殺菌効果が望める薬用成分「イソプロメチルフェノール」が入った医薬部外品ソープ
  • アミノ酸系ソープは、肌の潤いを守りながらボディケアできる
  • デリケートゾーン・脇・足・首の後ろの体臭ケアにもおすすめ
  • スッキリとした洗い心地がほしい人からも人気がある

2位:Loveale(ラヴエル) デリケートケアソープW

Loveale(ラヴエル) デリケートケアソープW

ラヴエルのデリケートケアソープWは、自然由来成分をメイン配合した黒ずみ・ニオイケア専用石けんです。デリケートケアソープWは、「合成界面活性剤・防腐剤・パラベン・合成着色料・アルコール・酸化防止剤」フリーで日本製ハンドメイド石鹸なので、デリケートゾーンや顔、敏感肌の人や妊婦さんでもケアできます。

コールドプロセス製法採用のデリケートケアソープWは、美肌成分が石鹸にギュッと詰まっています。

値段 税抜,1600円
1g当たりの値段 約16円
黒ずみ解消成分 アスタキサンチン、カミツレ、ローズマリー、セージ
においケア成分 チャ葉エキス、柿タンニン
洗浄成分 カリ含有石ケン素地

ラヴエル デリケートケアソープのおすすめポイント

  • 美白効果や消臭効果が望める「植物エキス」が入った石鹸
  • 無添加処方で国内製造だから、肌ダメージを気にせず使える
  • ヒアルロン酸配合なので、デリケートゾーンの乾燥が気になる女性にもおすすめ

3位:ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープ

ジャムウハーバルソープには、ミョウバンの一種である「硫酸(Al/K)」が入っています。肌の殺菌作用があるミョウバンは、消臭成分としてデリケートゾーンのニオイケア商品によく使われます。

ジャムウハーバルソープは、肌に負担をかける化学香料・保存料・合成界面活性剤を使わず、こだわりのジャムウハーブでできています。デリケートゾーンを優しく洗い、肌刺激をへらすことは、黒ずみ・ニオイ予防にも繋がります。

値段 税抜1,933円
1g当たりの値段 約28円
黒ずみ解消成分 カミツレ油
においケア成分 硫酸(Al/K)
洗浄成分 石ケン素地

ジャムウハーバルソープのおすすめポイント

  • ミョウバンが臭いの細菌をおさえ消臭ケアする
  • 厳選ハーブを配合し、肌刺激をかける添加物が入っていない
  • 見た目が普通の白い石鹸だから、デリケートゾーン用と気づかれない

デリケートゾーンの黒ずみ・乾燥ケアにおすすめの石鹸ランキングBEST3

デリケートゾーンの黒ずみと同時に「乾燥肌」も解消したいと考える女性もいると思います。

乾燥ケアする場合は、潤い成分を使った石鹸やソープがおすすめです。肌の保湿ケアは、バリア機能アップやターンオーバーの正常化にも繋がります。

デリケートゾーンの「乾燥・黒ずみ・シワ・たるみ・肌荒れ」の症状が気になる女性は、保湿ケアできる石鹸がおすすめです。

1位:アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

アンボーテ フェミニーナウォッシュは、世界基準のオーガニック認証『COSMOS』を取得した石鹸で、デリケートゾーンの色素沈着・乾燥・ニオイケア成分が入っています。

フェミニーナウォッシュの原材料は、天然植物由来成分98.1%、オーガニック成分49.8%でできています。ローズとシトラスの香りのフェミニーナウォッシュは「いいにおいがする」と好評です。フェミニーナウォッシュのふわふわの泡で肌を洗うと、しっとり感が続きます。

値段 税抜3,980円~
1mL当たりの値段 約27円
黒ずみ解消成分 ダマスクローズ水、キュウリエキス、セージ葉エキス
保湿成分 アロエベラ液汁、ゼニアオイ花エキス、グリコシルトレハロース
洗浄成分 コカミドプロピルベタイン
ココイルグルタミン酸2Na、ラウリン酸ポリグリセリル10

アンボーテ フェミニーナウォッシュのおすすめポイント

  • 天然由来成分やオーガニック成分にこだわった液体タイプのソープ
  • 保湿成分が入っているから、洗う度に肌の潤いを実感する!
  • 着色料・鉱物油・界面活性剤・アルコール・パラベンフリーで肌に優しい

2位:イビサソープ

イビサソープ

イビサソープはデリケートゾーンの黒ずみと同時に、肌の乾燥ケアを行えます。イビサソープは肌の潤いを守る「ビタミンA油」や「ハチミツ」が入っているからです。

イビサソープはきめ細やかな泡でスッキリと洗えますが、洗浄後「肌がしっとりする」と人気です。イビサソープは、洗浄力がマイルドなアミノ酸系石鹸なので、必要な皮脂や潤いを洗いすぎず乾燥ケアにも適しています。

値段 税抜3,970円
1mL当たりの値段 約28円
黒ずみ解消成分 ビタミンC誘導体、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸
保湿成分 ビタミンA油、ハチミツ
洗浄成分 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液

イビサソープのおすすめポイント

  • デリケートゾーンの乾燥ケア成分「ビタミンA油」や「ハチミツ」を配合
  • マイルドな洗浄剤を使用しているから、肌に必要な水分を守れる
  • グリチルリチン酸2Kという抗炎症成分配合で、肌荒れ・炎症ケアにもおすすめ

3位:東京ラブソーププレミアム

東京ラブソーププレミアム

東京ラブソーププレミアムは、美容成分や潤い成分を配合したデリケートゾーン専用ケアソープです。

東京ラブソーププレミアムは、優雅で魅惑的なイランイランとダマスクローズの香りが特徴です。石油系合成界面活性剤・合成着色料・パラベン・鉱物油が無添加の東京ラブソーププレミアムは、肌刺激に弱いデリケートゾーンを優しく洗います。

値段 税抜1,980円
1g当たりの値段 約20円
黒ずみ解消成分 カミツレ花エキス、セージ葉エキス、アルブチン
保湿成分 トレハロース、ヒアルロン酸、アロエベラ葉エキス
洗浄成分 石ケン素地

東京ラブソーププレミアムのおすすめポイント

  • うるおい成分を贅沢配合、ワンランク上のデリケートゾーンケアができる
  • イランイランとローズを使ったフローラルな香り
  • 「肌トラブルを起こさない」と口コミで評判がいい

肌に優しいデリケートゾーンの黒ずみケア石鹸ランキングBEST3

デリケートゾーンの黒ずみを石鹸でケアしたいけど、「肌に負担はかけたくない」と感じる人は多いです。

デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄く、石鹸の成分が肌刺激をかける可能性があります。肌刺激はメラニンを作り、黒ずみの原因になるため、肌に優しい専用石鹸をおすすめします。っ

1位:イビサソープ

イビサソープ

デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイ・乾燥ケアで人気のイビサソープは、敏感肌の女性でも使える薬用ソープです。

イビサソープは、肌刺激をかける合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンは不使用で、国内工場で作られています。赤ちゃんでも使えるイビサソープは、デリケートな部分に使うものだからこそできた専用ソープです。

値段 税抜3,970円
1mL当たりの値段 約28円
黒ずみ解消成分 ビタミンC誘導体、アスコルビン酸、L-アスコルビン酸
洗浄成分 ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液
無添加成分 合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベン

イビサソープのおすすめポイント

  • デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイ・乾燥ケアにおすすめ
  • デリケートゾーンの肌刺激や黒ずみの原因になる添加物成分はフリー
  • イビサソープは国内工場で徹底管理のもと製造されている
  • 敏感肌の女性やアルコール過敏症の人も使いやすい

2位:ジャムウソープ ペマエンジェルレディハート

ジャムウソープ ペマエンジェルレディハート

ペマエンジェルレディハートは、高品質オイルを使用したデリケートゾーン専用石鹸です。

ペマエンジェルレディハートは潤い成分グリセリンの性質を保つ、「コールドプロセス製法」で作られています。低温で石鹸を作るコールドプロセス製法は、オイルの酸化を防ぎ、植物エキスの性質も守ります。低刺激な美白成分「ホワイト377」配合のペマエンジェルレディハートは、洗顔に使えシミケアにも人気です。

値段 税抜1,900円
1g当たりの値段 約24円
黒ずみ解消成分 ホワイト377成分(フェニルエチルレゾルシノール)
パパイヤ果実エキス、カミツレエキス
洗浄成分 カリ含有石けん素地
無添加成分 鉱物油、界面活性剤、パラベン、旧指定成分

ジャムウソープ ぺマエンジェルレディハートのおすすめポイント

  • 低刺激でメラニン抑制効果がコウジ酸の20倍以上と言われる「ホワイト377」を使用
  • 付属のネットで泡立てた泡は濃密で「肌当たりがいい」と評判
  • さっぱりとした天然アロマを使ったローズ系の香り

3位:ロンタルハーバルジェルソープ

ロンタルハーバルジェルソープ

ロンタルハーバルジェルソープは、インドネシアの伝統美容「ジャムウ」を処方した敏感肌用ソープです。

ロンタルハーバルジェルソープは、ノンケミカルにこだわり、デリケートゾーンに合わせた弱酸性ソープなので、敏感肌の女性やアレルギー体質の人も使いやすいです。

ロンタルハーバルジェルソープは、爽やかなティーツリーの香りともっちりとした泡が特徴です。

値段 税込4,700円(2本セット)
1g当たりの値段 約15円
黒ずみ解消成分 パパイヤ、ニーム、シャクヤク根エキス
洗浄成分 オレフィン(C14-16)スルホン酸Na
無添加成分 合成香料、タール系色素、パラベン、硫酸系界面活性剤

ロンタルハーバルジェルソープのおすすめポイント

  • デリケートゾーンと同じ弱酸性だから、皮脂やpHバランスを崩さない
  • 石鹸と美容液の要素をもつため、洗いながら健やかな肌を目指せる
  • 日本人女性にあわせてアジアのハーブが使われている

ロンタルハーバルジェルソープの詳しい内容はこちらのページで紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみケア石鹸の値段を徹底比較!

デリケートゾーンの黒ずみケア専用石鹸をランキングで紹介しましたが、「値段はどれぐらいするの?」と気になっている人もいると思います。そこで、黒ずみケア石鹸の商品価格や1g・1mLあたりの値段をまとめました。

先ほど紹介した、4つの黒ずみケア石鹸ランキング別に値段を掲載します。

※税抜価格で表示しています。

タイプ1.デリケートゾーンの黒ずみケア石鹸の値段比較

商品名 値段 1g・1mLあたりの値段
イビサソープ 3,970円 約28円
シークレットレディ ジャムウソープ 1,810円 約19円
ジャムウハーバルソープ 1,933円 約28円

タイプ2.デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイ対策石鹸の値段比較

商品名 値段 1g・1mLあたりの値段
イビサソープ 3,970円 約28円
Loveale デリケートケアソープW 1,600円 約16円
ジャムウハーバルソープ 1,933円 約28円

タイプ3.デリケートゾーンの黒ずみ・乾燥ケア石鹸の値段比較

商品名 値段 1g・1mLあたりの値段
アンボーテ フェミニーナウォッシュ 3,980円 約27円
イビサソープ 3,970円 約28円
東京ラブソープ プレミアム 1,980円 約20円

タイプ4.肌に優しい黒ずみケア石鹸の値段比較

商品名 値段 1g・1mLあたりの値段
イビサソープ 3,970円 約28円
ジャムウソープ ペマエンジェルレディハート 1,900円 約24円
ロンタル ハーバルジェルソープ(2本セット) 4,352円 約14円

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸の値段をまとめてわかったこと

デリケートゾーンの黒ずみケアの石鹸は、1商品あたり約2,000~4,500円します(1g・1mLあたりの値段は約14~28円)。

薬局やドラッグストアの石鹸やボディソープは、大容量なのに1商品500円前後で買えるものも多いです(1g・1mLあたりの値段は約1円)。

値段だけみると市販のボディ石鹸は、デリケートゾーンの黒ずみ石鹸よりコスパがいいです。

「なぜ、デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は、市販の石鹸・ボディソープより値段が高いのでしょうか?」

デリケートゾーンの黒ずみ石鹸が高い理由は、「美白成分・潤い成分・ニオイケア成分」が入っていて、デリケートゾーンに優しい「無添加せっけん・国内製造・オーガニック成分配合」タイプが多いからです。

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は効果と安全性にこだわっているため、値段が高いのです。

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸を使ってみた!私が本音でレビュー

その1.デリケートゾーンの黒ずみ解消石鹸でニオイケアもできた

デリケートゾーンの黒ずみケア石鹸は、不要な汚れを落とせるので、洗浄後は肌がすっきりします。

「デリケートゾーンの黒ずみ・ニオイケアにおすすめの石鹸ランキングBEST3」の項目でも紹介したように、黒ずみとにおいを両方ケアする石鹸もあります。専用石鹸は「生理中のにおいがましだった」「一日中ニオイがしなかった」と口コミでも好評で、即効性を感じている人が多いです。

その2.デリケートゾーンの黒ずみ石鹸によって使い方が違う

デリケートゾーンの黒ずみケア石鹸は、「泡パック」がおすすめです。私も泡パックでデリケートゾーンのニオイと乾燥を軽減できたので、ぜひ皆さんもやってみてください。

石鹸によって泡パックの時間が10秒で済むもの、3分かかるものがあります。専用石鹸は正しく使ってこそ効果を感じられるので、使用方法を読むことが大切です。

その3.専用石鹸だけでデリケートゾーンの黒ずみを解消できなかった

私の場合、専用石鹸でデリケートゾーンの黒ずみを解消できませんでした。石鹸を使う前より「少しトーンアップしたかな?」と感じましたが、劇的な変化は無かったです。

専用石鹸は、黒ずみ解消効果が弱かったので、サポートケアで使うと良いと感じました。デリケートゾーン専用石鹸は、乾燥・においケア効果を実感でき、洗い心地が良かった点は評価できます。

デリケートゾーン黒ずみケアに石鹸はおすすめできない!?3つの注意点

もし「石鹸だけでデリケートゾーンの黒ずみケアをしよう」と考えているなら、少し待ってください。専用石鹸を使ったアソコの黒ずみケアには、3つの注意点があるからです。

注意点1.専用石鹸はデリケートゾーンの黒ずみ解消に時間がかかる

デリケートゾーンの黒ずみケア石鹸には、美白成分が入ったタイプが多いです。

しかし、どれだけ良い成分が石鹸に入っていても、陰部の黒ずみ解消効果は弱いのが現状です。石鹸は配合成分を、最終的にシャワーで洗い流してしまうからです。だから石鹸はクリームのように、肌へ配合成分を留めることができません。

私も3か月間、専用石鹸を使いましたが、デリケートゾーンの黒ずみを解消できませんでした。デリケートゾーンにすぐ美白効果が欲しい人は、クリームタイプのケア用品をおすすめします。

注意点2.石鹸は黒ずみケアの回数が少ない

デリケートゾーンの黒ずみ用石鹸は、お風呂で使うものです。朝と夜に体を洗う人は1日2回ケアできますが、夜だけ体を洗う人は1日1回しか黒ずみケアできません。

クリームだと1日2回塗るよう推奨されており、好きなタイミングで塗ることができます。石鹸はケア回数も少ないため、クリームタイプより効果が弱くなります。

注意点3.石鹸を使ったデリケートゾーンの黒ずみケアは大変

デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸は、「泡パック」が推奨されていますが、ただ洗うだけより手間がかかります。

実際に専用石鹸を使い「仕事から帰って泡パックする時間がない」と感じる女性もいるのが現状です。石鹸を使ったデリケートゾーンの黒ずみケアは、コツコツケアできる人むきの方法です。

理由4.専用石鹸は外泊時に持ち運びしにくい

固形タイプの石鹸は、石鹸ケースに入れないといけないため、出張や旅行先に持って行くのが大変です。

石鹸ケースは無印良品や100円ショップにありますが、わざわざ買うのは手間がかかります。外泊の多い人は、コンパクトサイズの泡ソープか液体ソープがおすすめです。

1本30mL前後のソープは、コンパクトサイズで軽量なので、荷物の邪魔にもならず、詰め替え不要なので衛生的に使えます。

石鹸よりおすすめのデリケートゾーンの黒ずみ解消方法とはなにか?

デリケートゾーンの黒ずみケアは専用石鹸より、専用クリームがおすすめです。

皮膚科・美容皮膚科・美容外科で、黒ずみ治療する方法も即効性が望めますが、費用が高額で、通院が必要、痛みや副作用があるためおすすめしません。

専用クリームは、自宅で簡単にデリケートゾーンの黒ずみケアできる方法です。

デリケートゾーンの黒ずみケアおすすめナンバーワンは美白クリーム

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームには、以下4つのメリットがあります。

  • 1日2回塗るだけで黒ずみケアできる
  • 長時間肌に成分を留められる
  • 肌刺激をかけない成分内容
  • 自宅で黒ずみをセルフケアできる

デリケートゾーンの黒ずみ専用クリームは、専用石鹸と同じように美白成分・潤い成分・美肌成分が配合されています。

専用クリームは、添加物へ配慮されている製品も多く、肌刺激をかけずにケアできます。クリームタイプはサッと塗れるから、忙しい人でも簡単にケアできます。

専用クリームとあわせて行うと効果的!デリケートゾーンの黒ずみ4つの対策

専用クリームを塗るだけでも美白効果を実感する人はいますが、日々の生活でも対策すると、より黒ずみにくくなります。おもな4つのデリケートゾーンの黒ずみ対策は、以下の通りです。

対策1.VIO脱毛時は保湿ケアをおこなう

対策2.サイズのキツイ下着をはかない

対策3.ナイロンタオルのゴシゴシ洗いをやめ、手で洗う

対策4.健康的な生活習慣をおくる

このように、デリケートゾーンの黒ずみは日々の対策をすることも重要です。とくに24時間肌に触れる下着の選び方は気を付けてください。下着の摩擦刺激で黒ずみを起こす女性は多いため、通気性の良い綿やシルクの素材を選び、ゆったりとしたサイズを選ぶようにしましょう。

デリケートゾーンの黒ずみケア方法は色々ありますが、まずあなたが出来そうなことからチャレンジしてみてくださいね。

POINT

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめの専用石鹸まとめ

こちらのページでは、デリケートゾーンの黒ずみ専用石鹸について紹介しました。

専用石鹸は、アソコの黒ずみを解消するチカラが、クリームタイプよりも弱いです。しかし、薬局やドラッグストアの石鹸より肌刺激が少ないので、デリケートゾーンの黒ずみ予防に使いたい商品です。

専用石鹸は薬局やドラッグストアの石鹸より値段が高い分、肌刺激が低くうるおい成分も多く配合されています。

ただし、濃い黒ずみがある人やすぐに美白したい人は、「石鹸+美白クリーム」の徹底ケアがおすすめです。石鹸にも色々種類があるので、こちらのページで紹介したことを参考に、あなたにあったアイテムを選んでくださいね。